アドセンス審査で落ちる理由とは?通らない人は要チェック!

アドセンスの審査が通過しないって悩んでいる方のために、私が1発でアドセンス審査に合格した経験も含め、ポイントや方法をご紹介します。

 

そもそもアドセンスってなんのために申請をしていますか?

それも考えながら読み進んでみてくださいね。

 

〜メルマガ大好評〜

月間25万PV超えのノウハウを無料で大公開!
ノウハウPDF全47ページを ”期間限定” プレゼント!

メルマガのご登録はこちら

アドセンス審査で落ちる理由とは

アドセンス審査で落ちる理由は色々ありますが、グーグルからは“ここを修正しろ!”って明確な示指はないですよね。

 

修正しても不合格、修正しても不合格を繰り返す人もいて、どうすればいいのかわからないことがあると思います。

 

確かに記事数やジャンルなども気になると思います。

 

でも、アドセンスに合格することばかりを考えてブログを作っていても審査を通過するのは難しいでしょう。

 

まずはグーグルのことを考えてみることがポイントです。

 

グーグルといえば、“ユーザーのことを第一”に考えている会社ですよね。

 

つまり、訪れたユーザーに取ってよくないブログ、ユーザーに取ってためにならないブログはアドセンス審査を通過できません。

 

また、ユーザーのためにならないブログはグーグルにとってもデメリット。

 

アドセンスってブログに広告をペタッと貼って報酬を得るクリック型アフィリエイトですよね。

 

グーグルはそのような広告収入で会社を運営している部分もあります。

 

つまり、広告収入のもととなるユーザーは大事ですし、広告の依頼を受けている企業のことを考えると、しっかりと作っているブログでないと審査が通らないのはわかりますよね。

 

アドセンスに合格することばかりを考えてブログを作っていると審査に落ち続けるでしょう。

 

じゃぁどんなブログなら審査を通過できるのか・・・

そのポイントをお伝えします。

 

アドセンス審査の申請をするタイミングとは

ツイッターとか見ていると、『5記事で合格しました!』とか見ますが、結論からいうとアドンセス審査はブログを立ち上げて早い段階で申請をする必要はないです。

 

早く申請を出したい気持ちはわかりますがね。笑

 

アドセンスってどのくらいアクセスが集まると稼げるか知っていますか?

その辺を考えると、焦ってすぐに申請を出す必要がないってことがわかると思います。

 

アドセンスのクリック率って、100PVで1クリックぐらいって言われています。

 

1クリック30円で計算すると・・・

月に1000PVあっても、10クリック×30円=300円

 

1万PVあっても、100クリック×30円=3000円

 

ブログを立ち上げたときはここまでPVはないので、アドセンス審査に合格したとしても収益はほぼなしです。

 

それに、アドセンスの報酬額が月8000円(だったかな?)を超えないと、通帳には振り込まれません。

 

なので、いくら早くアドセンスに合格できたとしても、アクセス数がなければ全く意味がないです。

 

ブログ立ち上げてすぐにアドセンスに申請をしたい気持ちもわかりますが、まずはブログをしっかりと作ってから申請した方がいいですね。

しっかりと作ってからでも申請は遅くないし、その方がアドセンス審査も通過しやすいでしょう。

 

アドセンス審査に通過することが目的ではなく、アドセンスで稼ぐことが目的なら、まずはブログをしっかりと作ることを最優先にした方がいいです。

 

とは言っても、アドセンス審査に通過するにはどうすればいいか気になりますよね。笑

 

私はアドセンス審査に1発で合格しましたし、月25万PVを超えアドセンスで報酬が出ている経験も踏まえ、アドセンス審査を通過できるポイントをご紹介しましょう。

 

 

アドセンス審査で通過する記事数とは

アドセンスを通過する記事数はよく20、30記事って聞きますよね。

実際に私が申請したときもこの記事数を超えていました。

 

ネットで調べていると、5、6記事でアドセンスに合格している人もいて、少ない記事数でも記事内容とかで判断されて合格しているみたいです。

 

でも、少ない記事数で申請をして通過しなかったときに、どこが問題だったか考えるよりかは、しっかりと記事を作成してある程度の記事数を入れた状態で申請した方が絶対にいいです。

 

先ほど説明したように、アクセス数がないと報酬にはつながらないですしね。

アドセンス審査に通過することが目的ではなく、アドセンスで稼ぐことが目的ってことを忘れないようにしましょう。

 

 

アドセンス審査で不合格になるジャンルや内容とは

アドセンスのコンテンツポリシーに触れている内容やジャンルは不合格になるので、必ずチェックしておきましょう。

 

下に書いてあるものには触れない内容の記事を作成しましょう。

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。
・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
・ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
・衝撃的なコンテンツ
・ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
・個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
・人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
・過度に下品な言葉使い
・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
・望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
・不正なソフトウェアやアドウェア
・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
・絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
・アルコール飲料のオンライン販売
・タバコやタバコ関連商品の販売
・処方薬の販売
・武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売
・武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南
・授業や講義の課題や提出物の販売、配布
・ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
・その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ
引用元:コンテンツポリシー

 

アドンセス審査で合格するプライバシーポリシーとは?

 

グーグルのコンテンツポリシー 必須コンテンツのページに、サイトのプライバシーポリシーについて書かれています。
(グーグル:プライバシーポリシーはこちら

 

簡単にいえば、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集していることや、Cookie(クッキー)を無効にできること、収集した情報は広告表示のために使うことなどを書かなければいけないとうことです。

 

アドセンスが貼ってあるサイトを色々みても、だいたい似たり寄ったりのことが書いてあるので、上記のポイントをふまえながら書くといいですね。

 

 

アドセンス審査で通過しやすい文字数とは?

アドセンス審査で通過する文字数は特に決まりがあるってことは聞いたことはありません。

でも、だいたいは1500字以上って耳にはしますね。

 

ここで勘違いしないように注意してください!

◯◯文字以上書けばいいってことではなく、良い内容の記事・コンテンツを作ると自然と1500字以上は超えるという意味。

 

文字数が少ないってことは、記事内容も薄いってことですよね。

薄い記事はユーザーにとっても役立つ内容ではないので、無意味の記事です。

 

しっかりとしたコンテンツは、それなりの情報量が入っているため、自然と文字数が多くなります。

 

なかには文字数が多いほうが良いって勘違いして、無理やり文字数を1500字、2000字書く人もいますが、これは無意味なので注意してくださいね。

 

重要なのは、ユーザーに役立つ記事を作成して、自然と文字数が増えること。

 

グーグルは記事の内容まで判断していると言われているので、他のブログを真似して文字数を増やすのではなく、しっかりと役立つ内容を書くようにすると問題なくクリアできますよ。

 

アドセンス審査で通過するためにサイトマップ作成を作成

アドセンスで落ちた人の話を聞いていると、サイトマップを作成していなかったケースがあります。

 

サイトマップって、サイトにどんな記事があるかなどがわかるマップのこと。

サイトマップがあれば、どんなブログなのかがわかります。

 

グーグルにとっても、ユーザーにとっても、ブログを知る上でサイトマップは重要なのでしっかりと作成をしましょう。

サイトマップはプラグインを入れれば簡単に作れます。

 

 

アドセンス審査で合格するにはオリジナリティが重要

ブログのオリジナル性もかなり重要です。

記事数を増やしたり文字数を増やすために、コピペをしてしまう方がいますが、絶対にコピペは禁止です。

 

コピペをして文章の一部分だけを修正しても、すぐにバレますし、コピペで作るとブログ自体が飛ばされます。笑

 

最近はネット上に似たような内容の記事がたくさん存在しているので、アドセンスの審査後に記事を上位表示するためにも、オリジナリティは常に考えて作成したほうがいいですね。

 

 

アドセンス審査で合格するには運営者情報も重要

記事はしっかりと考えている人は多いですが、意外と運営者情報を作っていない人がいます。

運営者情報はサイトを管理している人の情報になるので、信頼にも繋がります。

 

最近はブログ内容の信憑性なども重要視されているので、上位表示させるにも誰がブログを書いているのか重要な判断材料になっています。

 

もし、専門的な資格などを持っているのであれば、運営者情報にその情報なども載せておくと信頼性が上がるので、しっかりと作っておきましょう。

 

アドセンス審査通過のまとめ

今回、アドセンス通過のポイントをご紹介してきましたが、焦らずにしっかりとブログを作ってから申請すれば問題なく通過します。

 

アドセンス審査を通過することが目的ではないということを念頭においてブログを作成してくださいね。

 

どっちにしても、アクセス数がないとアドセンスでは稼げないので、ブログを立ち上げてすぐにアドセンスを申請しなくても大丈夫ですよ。

 

私もある程度の記事を入れてから申請しました。

そして月25万PVを超える実績も出しています。

 

その月間25万PV以上を集めたノウハウや月10万円以上稼ぐノウハウなどを、メルマガで無料公開しています。

 

つい最近公開を始めたので、ご登録者だけに『期間限定』でノウハウPDFをプレゼントしています!

 

全47ページのボリュームで、内容としてアクセスの集め方やキーワード選定、月10万円以上を目標にしたノウハウなどをアドセンスで稼ぐためのノウハウを詰め込んであります。

 

アドセンス申請に加えて、このノウハウも一緒にやることでアクセス数アップも見込め、稼ぎやすくなるので、是非実践してください!

期間限定なので、アドセンスで稼ぎたい方は早めに手にしてくださね。

メルマガのご登録はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください